MENU

銀行系のおまとめローンで、カードローンを一本化できるの?

銀行系のカードローンを利用して、既存の借入をまとめることは可能です。
もちろん銀行でなくてもアコムやプロミスといった消費者金融業者の多くがおまとめローンの商品を用意していますが、中でも特に人気があるのは銀行の利用です。
ここで、なぜ銀行カードローンが人気があるのかということですが、主に以下の理由が挙げられます。

 

・低い金利で借入を受けることができる
 ・高い信頼性があるので安心できる
 ・高額の融資ができる

 

まず、銀行カードローンが低金利で利用できることは多くの人が認識していることと思います。
既存の借入先から借り直すことになりますので、できれば低金利で利用できるところが望ましいのですが、その意味では銀行は最適な選択といえます。
もっとも、その分審査にかかる時間が長くなる、審査が厳しいといったデメリットもありますが、それを差し引いても銀行でおまとめローンを利用するメリットは大きいのではないでしょうか。

 

次に、高い信頼性があるという点ですが、これも言わずもがな、のレベルでしょう。
この点については、たとえばアコムが三菱東京UFJ銀行、プロミスが三井住友銀行のグループ企業となっていることからもわかる通り、「安心感」というのは融資を利用する側にとって非常に重要なポイントとなっています。
消費者金融にとって、銀行が経営母体にあるということが大きなセールスポイントになっているのは、それだけ「安心感」というものを利用者側が求めているからと考えることができます。

 

銀行が信頼できるところである根拠としては、「破綻」や「倒産」の心配が少ないという点が挙げられるとともに、公序良俗に反する団体ではない、という点も大きいかもしれません。
いずれにしても、銀行を利用してお金を借りることによる安心感は、消費者金融に比べても高いものがあるといえるでしょう。

 

そして、「高額の融資が可能」という点ですが、こちらも銀行が消費者金融よりも優れている点のひとつです。
おまとめローンの利用の場合、複数ある業者の借入をひとつにまとめるという関係から必要な金額は高額になる傾向にあります。

 

そのため、できるだけ高額の融資が可能なところに申し込むことがおまとめローンでは重要となるのですが、こちらの点についても銀行であれば申し分ありません。
たとえば銀行カードローンで借りることができる金額は大手都市銀行のひとつである三井住友銀行のカードローンの場合で800万円まで、みずほ銀行については最大で1000万円まで融資が可能です。

 

これは地方銀行であっても同様で、カードローンの利用金額は平均すると500〜800万円前後の融資が可能となっています。
ただし、こちらも融資を行う金額が高額になればそれだけ審査基準のハードルも上がっていきますので注意が必要です。

 

このように、おまとめローンを利用するうえで最適な条件が銀行カードローンには揃っています。
ローンを一本化して少しでも返済を楽にしたい人はまずは銀行に相談してみると良いでしょう。