おまとめローン カードローン 使えない

MENU

おまとめローンしたらおまとめしたカードローンは使えない?

おまとめローンを利用するにあたり、いろいろと気になる部分が多いのではないでしょうか。
たとえば審査に通りやすくするにはどうすれば良いか、あるいはどこに申し込むのが良いのか等様々な点について不安に感じることと思います。
そんな疑問点・不安点の中でも少しユニークなのが「おまとめローンの利用をした場合、おまとめしたカードローンは使えるのか」というものです。
これは、おまとめしたカードローンの状況によって異なります。

 

たとえば消費者金融の場合を考えてみましょう。

アコムやプロミスなど、消費者金融業者には様々なところがありますが、こうした消費者金融の特徴としては、融資を受けた金額が「繰り返し利用が可能」という点にあります。
たとえば10万円を借り入れて、そのうち5万円を返済したとすると、融資残高は5万円なのですが、利用可能な金額は10万円になる、という考え方です。

 

厳密には返済時に利息も含めて支払うため単純に5万円支払ったからといって10万円になることはありませんが、基本的な考え方としては上記の通りです。
これと同じことが、おまとめローンでまとめた後のカードローンについてもいえます。

 

ここでポイントとなるのは、借り入れている金額を全額返済した場合「利用可能な金額が最初の契約時の状態に戻る」というだけであり、その業者との契約が完了するわけではありません。
そのため、利用しようと思えば利用可能な状態で残っています。
この場合が特に顕著となるのが銀行系カードローンを利用して借入を一本化した場合です。

 

消費者金融の多くはおまとめローンのための専用商品を取り扱っており、こうしたところの場合は業者側で返済を行ってくれます。
しかし、銀行の場合は「おまとめローンとしても利用できます」というスタンスであるため、既存の借入に対する返済は利用者側が行う必要がある場合がほとんどです。
ここで返済をしておけば、その後は銀行への返済だけで良くなるのですが、その業者との契約が終わったわけではありません。
そのため、前述の通り「利用しようとすれば可能な状態」になります。

 

もちろんこの段階で過去に利用していた業者からお金を借りることはできますが、せっかくおまとめローンの利用をしているのですから完済した段階で解約をしておくと良いでしょう。
解約をすれば、その業者からはお金を借りることはできなくなり、再度融資を受けるためには契約をし直す必要があります。

 

少しもったいないという気もしますが、おまとめローンを利用しようと考える目的は「借金をきれいにしたい」というものであることを考えると、「利用できる状態」で残しておく必要性は極めて低いといえます。
むしろここで「逃げ道」を残しておくと、借金をきれいにするどころかなかなか返済が終わらない状態になってしまいます。
ちなみに、完済しても業者側からの解約の勧めは基本的にはありません。
あくまでも解約をするのは申し込んだ側の意思表示となりますのでこの点も注意したいところです。