MENU

リボ払いはおまとめローンに入れることは出来るの?

おまとめローンは、現在利用中の借入に対してひとつの業者や銀行で借り直して一本化するというものです。
実はこのおまとめローンの中にリボ払いも組み込むことができます。
クレジットカードのリボ払いは、毎月支払う金額が一定というメリットがあるのですが、リボ払いの残高がわかりにくかったり、なかなか返済が終わらないというデメリットもあります。

 

特にクレジットカードを複数持っていて、それぞれのカードについてリボ払いをしているという場合には文字通り「払っても払っても終わらない」という状況になりかねません。
そこでおまとめローンを利用してリボ払いをリセットする、という方法がおすすめです。
なお、おまとめローンの商品は消費者金融で主に利用することができますが、ここでは消費者金融ではなく銀行での一本化が良いでしょう。
その理由にはいくつかありますが、その理由のひとつが「現在利用中の借入については自分で返済する」という点にあります。

 

そもそも銀行系カードローンのほとんどは、消費者金融と異なりおまとめローンに特化した専用商品の用意がありません。
そのかわり、銀行系カードローンであってもその使用目的は自由であることから、既存の借入の返済に充てても問題はない、ということになっています。
リボ払いをまとめるのであれば、あらかじめ支払うべき残高を調べておき、清算するために必要な金額を借り入れます。
後は借り入れたお金を使ってカード会社への支払を行います。

 

リボ払いをしている金額の残高や既存のリボ払いに対する一括返済の方法についてはそれぞれのカード会社によって異なりますが、この方法のポイントは「自分で支払う」という点にあります。
消費者金融のおまとめローンのように業者に一任すれば確かに楽なのですが、リボ払いというのは借入の一種ではあるものの、利用者がショッピングで買ったものという扱いです。
そのため、できるだけ「業者任せ」にせずに支払は自分で行うというのがマナー的な部分からも最適な選択といえます。

 

また、リボ払いをおまとめローンで一本化するという目的の背景には、「リボ払いを清算したい」という点が大きいので自分で支払うということの意味は大きいのではないでしょうか。
ただし、ここで注意したいのはこの方法はカード会社に対するリボ払いの残高が無くなるものの、銀行に対しては返済する必要がある、という点です。
つまり、借金そのものが全くなくなるというわけではありません。
カードローンを一本化する場合と異なり、リボ払いの一本化をするために必要な金額はおそらくそれほど高額ではないでしょう。

 

金額が少なくなればそれだけ審査にかかる時間も短くなりますし、審査基準も厳しいものではなくなります。
むしろリボ払いという状態を長く続ける方がデメリットが大きいため、できるだけ早い段階で解消しておくことがおすすめです。
おまとめローンとは、こうしたリボ払いを早く解消するための手段のひとつなのです。