カードローン おまとめローン メリット デメリット

MENU

カードローンをおまとめローンするメリット、デメリット

現在借入を受けているカードローンをおまとめローンを利用してまとめる場合のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

 

まず、メリットについてですが主に以下のような点が挙げられます。

 

・返済先がひとつになるので管理がしやすくなる
 ・現在よりも低金利のところで借り直せば支払う利息も少なくなる

 

このほかにも多くのメリットがありますが、大きなところではこの2点でしょう。
返済先がひとつになる、というのはおまとめローンを利用しているのですからある意味当然ではありますが、実はこの点こそがおまとめローンの最大のメリットであるともいえます。
カードローンの利用において最も面倒なことは、言うまでもなく「返済」です。

 

しかも毎月返済日はやってくるうえ、複数の業者から融資を受けているのであれば利用している業者の数だけ支払いをしなければなりません。
おまとめローンを利用することで、一ヶ月に何度も支払っていた返済を一回にすることができるようになります。
これだけでも返済が楽になるはずです。

 

返済ということは、自分のもっている現金がなくなることでもありますが、それが月に何回もやってくる場合と一回で済むのであれば、やはり一回で済んだ方が気分的にも楽になりますね。
次に、金利についてのメリットですが、おまとめローンを利用する場合には今までとは違う銀行や消費者金融に申し込んでローンを借り換えることになります。
この時に現在借入を利用しているカードローン業者で設定されている金利よりも低い金利が適用されれば、借入金額が同じであってもトータルで支払うべき金額を少なくすることができます。

 

この「低金利での借り換え」というのは、おまとめローンを利用しようと考える人にとって目的のひとつである場合が多く、少しでもお得に返済をしたいという人にとってはおすすめの設定ともいえます。
それだけに、低金利でカードローンの融資を受けることができる銀行は尾まとめローンの利用先として高い人気があります。

 

その反面、デメリットとしては以下のようなものが考えられます。

 

 ・借金がなくなるわけではない
 ・借りなおしたおまとめローンは既存の借入への返済にしか使えない

 

おまとめローンを利用する場合というのは既存のカードローンを借り直している状態のため、ローンの残高そのものに変化はありません。
そのため、借金を全額チャラにすることを目的としているのであれば、おまとめローンではそれは不可能であることを理解しておきましょう。
あくまでもおまとめローンは、既存の借入に対して返済を楽にするための手段のひとつでしかありません。

 

また、おまとめローンとして銀行や消費者金融から借りたお金というのは既存の借入に対する返済以外に使うことはできません。
これは、使用目的が原則として自由なフリーキャッシングに慣れた人であれば少し違和感を感じる部分ですが、おまとめローンというサービスの性質上やむをえないといえるかもしれません。